雪室一年熟成「プレミアムメークイン」

雪室一年熟成「プレミアムメークイン」

  • 冷蔵便

必ずすぐに冷蔵保存してください!


 長いあいだ低温で貯蔵されていたため、非常に芽が出やすいです。さらに温度が上がると、断面が黒くなってしまうことがあります。必ず冷蔵庫(野菜室でなく)で保存し、お早めにお召し上がりください。

「雪室熟成」の栗のような甘み


 「雪室」とは、寒さの厳しい北海道ならではの貯蔵庫です。冬場に積もった雪をコンテナに詰めて、外部の熱を遮断した倉庫に入れます。
 雪の効果で庫内は1~2℃に保たれるためじゃがいもは真冬でも凍ることなく、さらに、凍ってしまわないようにと体内のでんぷんを糖に変えていきます。
 少しずつ雪が溶ける夏を越すと、熟成したメークインは抜群の甘みを発揮します。雪室が生んだ栗のような甘みをお楽しみください。

【井上さん宅の雪室】

北海道帯広市桜木町 井上慎也さん



 井上さんは広さ44 haもの広大な農場を家族で営み、じゃがいも、長いも、小麦、大豆などを生産しています。
 桜木町のある大正地区では、全国の3分の1のメークインを生産しているというほどメークインの一大産地となっていて、井上さんも、じゃがいもはメークインのみを育てています。
 大規模であるがゆえに、帯広の農業は大きな機械で収穫したものがそのまま自動でコンテナに入り、コンテナごと出荷するのが普通です。
 自分のつくったものがどこに出荷されるのかもわからないなかで、「自分のつくったじゃがいもに価値を付けたい」と雪室熟成を始められました。
 じゃがいもは同じ方法で熟成するとどれも甘みが増しますが、熟成のメークインの甘みはその中でも格別でした。さつまいもや栗を思わせるような甘みに、食感もなめらかになります。

 また、じゃがいもは収穫時期が早ければ早いほど新じゃがとしての価値が高まるので、どこの農家さんもできるだけ早く収穫したいと考えています。しかし井上さんは、熟成用のじゃがいもは収穫時期もできるだけ遅くすることででんぷんをギリギリまでため込んで、より甘みが強くなるようにしています。
 モクモクからは今年が初めての出荷になります。みなさんの感想もぜひ井上さんにお伝えしたいと思いますので、ぜひ一度味わってみてください。
販売期間 2019年9月16日 〜 2019年10月1日
お届け可能期間 2019年9月24日 ~ 2019年10月1日
内容量 1kg

【通常価格】

320円(税込)